p53誘導体DBグルコース配合の全分子フコイダンでがん予防

p53誘導体DBグルコース配合の全分子フコイダンでがん予防

 

癌と言うのは病気の中でも特別な響きがあります。他にも病気は沢山ありますがやはり癌だと宣告されると言葉で表せない感覚に襲われます。私の父が咳が止まらずに病院へ行った時にいやな予感はしていたのですが私も家族もまさか、、と言う気持ちはありましたが先生に私と母が呼ばれた時は心臓がドキドキして気が動転してしまいました。

 

ドラマなどで見たことがある様に家族だけ呼ばれるには訳があるのと思うのです。母も心配な気持ちを抑えながら二人で先生の話を聞きに行きました。嫌な胸騒ぎは的中してしまいました。父は肺癌に侵されていました。肺に黒い影が映っていました。素人の私にもわかるくらい大きくなっていました。先生のお話ではステージ3でした。

 

母は動転していて手術や抗がん剤治療をしてくださいと申し出ていましたが私が先生の様子を見ていた所、先生は治療や手術に躊躇されている様子でした。肺癌の状態によっては手術はほぼ不可能であること、それから抗がん剤治療と言うのは本人と家族に負担が大きいと言うことを言われました。つまり父の状態から考えて手術や抗がん剤治療が難しい状態まで進行しているのだと私は思いました。

 

とりあず父は即入院することになりました。父の隣のベットの方が抗がん剤治療をされている方がおられたのですがその戦いを見た父は抗がん剤はやりたくないと言い出したのです。まだ60代になったばかりで癌のステージ3。もしなにも治療をしなければあと1年あるかないかと先生に言われました。母は父の決断に反対しました。抗がん剤治療をしてほしいと説得しようとしていました。私も父に少しでも長く生きてほしかったです。

 

でも自分の目の前で抗がん剤に苦しむ方を見て想像を超える大変さに気持ちが変わりました。もしまだステージ1などなら勧めたかもしれませんがその当時の父の状況では抗がん剤をしたからと言ってよくなるという状況は超えていました。だから父の決断をサポートしました。入院してからも痛み止めなどの薬の治療だけで抗がん剤などはしませんでした。

 

数ヶ月入院して母と私は通って介護しました。そんなある日また先生から呼ばれました。癌が肺から膵臓に転移したとのことです。予定以上の早さで癌が進行していました。もう痛み止めで止めている以外の治療はできないとのことでもし本人がこのまま病院にいたければいてもいいし本人が家に帰りたければ自宅での介護用品や酸素ボンベなどを用意するので帰宅してもよいとのことでした。最後まで本人の希望に従うことに決めていたので父が帰宅して最後は家で過ごしたいとのことだったので帰宅させました。

 

自宅療養では色々心配なことがあったのですが父の様態は比較的安定していて介護の点では想像していたよりは楽でした。ヘルパーさんも来ていただいたので助かりました。薬のお陰で父の様態も安定していたので苦しむこともなく最後は静かに行きました。癌宣告されてからたった半年で他界しました。癌と言う病気は本人にとっても家族にとっても大変な病気です。身をもって実感しました。

 

父が他界してすぐにp53誘導体DBグルコース配合の全分子フコイダンというものがあるのを知りました。もっと早くこれを父に飲ませていれば父のガンは治ったかもと思うと悔しくてたまりません。しかし我が家もガンの家系であることがわかったので、ガンの予防ということで私はp53誘導体DBグルコース配合の全分子フコイダン1000を飲んでいます。

 




このエントリーをはてなブックマークに追加