p53誘導体認証食品全分子フコイダンエキスの効果と評判

ガンの抑制、増殖防止効果のあるp53誘導体認証食品全分子フコイダンエキスの効果と評判について

 

p53誘導体DBグルコースはそのガン治療に対する期待の高さから、現在最も注目されています。
しかも日本初の経口摂取できるがん治療になります。

 

 

 

 

これまでの抗がん剤は、がん細胞に無理矢理に届かせていました。
しかしp53誘導体DBグルコースはガン細胞が活動するためのエネルギーになります。
つまりガン自体がこの抗がん効果のあるp53誘導体DBグルコースを、自身の栄養と
して取り込みます。

 

がん細胞は正常細胞に比べて、多くのエネルギーを必要とします。
つまりガンが増殖するには多くのエネルギーとなるグルコースがいるのです。

 

ですからp53誘導体DBグルコースを勝手にがん細胞が取り込んで行くのです。

 

つまりこのような流れから他の抗癌剤と違い、確実にがん細胞に届くので
しっかりとがん細胞の増殖防止、成長の阻害をするのです。

 

これまで、経口型のがん抑制作用のあるものはありましたが、それはあくまで
試験官内の実験でしか効果が見られませんでした。

 

実際に人間が口に入れて飲み込んだ場合は、これまでのものは胃酸の影響で
効果がほとんど見られませんでした。

 

それほど私達の胃酸は強いのです。

 

しかし、この難関を見事クリアしたのがp53誘導体認証食品全分子フコイダンエキスなのです。
これにより確実に有効成分をがん細胞に届かせることが出来るようになったのです。

 

 

 

人体にはNK細胞などの人体に対しての異物を攻撃する機能が備わっています。
大抵の物質や細菌などはこの免疫によって排除されますが、がん細胞はこの
攻撃を巧みにかわす能力を持っています。
ですから排除されること無く体内で増殖していくのです。

 

しかし、全分子フコイダンにはこのうまく隠れようとするがん細胞を見つけやすくさせる効果もあります。
これによりNK細胞ががん細胞を攻撃しやすくなるのです。

 

 

また、これまでの抗がん剤は正常な細胞まで作用をし、その副作用で嘔吐や衰弱といったことが見られました。
フコイダンにはこれらの副作用を緩和するといった報告が数多くあります。

 

つまり科学的治療と全分子フコイダンの組み合わせががん治療には最も効果的ということになります。

 

実際に末期がんの患者さんが半年で、がんを克服した症例もあります。

 

利用者 60歳 男性

 

診断 腹部エコー、CT検査、胃カメラの検査の結果、胃がん・肝臓転移・リンパ節転移
ステージ4と診断

 

症状 胃の違和感(7ヶ月前より)体のだるさ、1ヶ月前より微熱と吐き気・嘔吐・ひどい疲労感

 

経過 6月11日より治療開始

 

化学療法(抗がん剤治療)開始 TS-1(経口)とブリプラチン(点滴)併用

 

 

以下がCT画像と胃カメラの画像です。赤丸ががんです。

 

半年後の画像がこちら。見事にガンが消えています。

 

もちろんすべてのがん患者さんに、効果があるとは言い切れませんが、このような結果があるだけでも
心の支えになると思います。

 

ぜひ全分子フコイダンを飲んで希望をもって治療を行ってください。
すべてのガン患者さんがガンを克服できるようにお祈りしています。
絶対にあきらめないでください。

 

 

 

 

 




このエントリーをはてなブックマークに追加